4月30日(水)「大陸客狙い」

茶饗店というと、香港の喫茶兼定食屋みたいなもの。費用対効果がいいので、よく利用する。ところで、この茶饗店の一部で、料金が割高に感じられる店が出てきている、、、。これら、通常の茶饗店をちょっと小奇麗にしたお店で、いい場所にある。繁華街の真ん中、利用客の多いホテルの近く、MTRの近くなどなど。これらの店、普通の茶饗店の3−40%アップの料金体系。たまたま入った店で、会計の時100香港ドルを出したら、怪訝な顔をされた。請求は120香港ドル。自分では、その半額ぐらいのつもりでいたので、ちょっと驚いた。ところで、これだけ割高だと客が入らないと思うが、お店は満員だ。よく見ると、大陸からの旅行客が多い。それで、ふと思った。これらの店は地元の人間が顧客対象ではない、と。そう言えば、絶好のロケーション、ちょっと小奇麗、繊細さはないが豪快な盛り付け、等々。大陸旅行客が立ち寄るのに、いい条件が揃っている、、。料金が高く、ぶつ切りの大雑把な料理だったが、いい勉強になった。

マーケティングの上手なお店は、強い。それ以外、何の変哲もない店だと思うのだが。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする