2月19日(木)「噛み付く魚」

コタキナバルのダウンタウンから高速ボートで15分。シュノーケルをやりにサピ島に出かけた、、、。このサピ島、コタキナバル通の知人のおすすめ。その知人のススメ通り、このサピ島の海、透き通るような美しさ。海の底が綺麗に見える。ここで、シュノーケルを楽しんだ。サンゴ礁の多いところで、足の置き場に気を付けながら、綺麗な海を見て回る。ところで、途中、足に何か変な痛みを覚える。何だろうとよく見ると、魚が噛み付いている。噛み付くのは白っぽい魚で、嫁には全く噛み付かない。息子にも噛み付くのは、ちょっとだけ。でも、自分には向かってきて、よく噛み付く。この魚、こちらが足で蹴飛ばしても、全然怖がらずに向かってくる。ということで、海の中で、この噛み付く魚との闘いが始まった。後で、地元の人間に聞くと、この魚、人間のすね毛に反応して噛み付いてくるようだ。そのためか、嫁には全く寄り付かず、息子にも少しだけ、自分にはうるさく纏わり付いてきた、、。次回、このサピ島を訪ねる時は、ダイビングスーツを履いて来よう。

しかし、この噛み付き魚との格闘、いい運動になった。これも、いい経験だ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする