3月28日(土)「カレーブーム」

華南在住の香港人が、東カンの新しいショッピングモールに、日式弁当店を出した。そのメニューの中には、ほかほかのカレーパンもある、、、。知人が、上海にオープンしたカレー店の見学に行った。場所は、日本人街のど真ん中。中国人、日本人、両方狙えるロケーションだが、知人の狙いは中国人。このお店、こじんまりとした造りながら、小奇麗で清潔感が溢れている。提供されるカレーは、「甘さ」と「辛さ」がミックスしたような奥深い感じの味。日本人には支持されると思うが、中国人にはどうなんだろう。一般的に、香港も含めた中国の人達は、微妙で繊細な味を楽しむと言うより、いい素材の豪快な味付けを好むように思う。そうした意味で、現地在住の日本人も来るし、中国人も来る、この知人のお店が、どのような形で展開していくのかは、興味がある、、。東カンの弁当屋の香港人は、現地中国人のカレーパンに対する評判は上々と言っていた。寿司、ラーメンの次は、中国内でカレーがブームになるのだろうか。どんなもんだろう。

因みに、中国内でのバーモントカレー(百夢多)の売上は、飛躍的に伸びてるようだ。カレーブーム到来なのだろうか。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする