4月23日(木)「拘束」

数年前、中国に入境後、忘れ物に気づき、すぐにUターンした。この際、中国の入管員、入ってすぐの出国だったので、ちょっと首をひねりながら、出国印を押した事がある、、、。知人から面白い話を聞いた。何でも、この知人の知人、アセアンの国に部品を届ける必要があり、緊急で飛んだようだ。しかし、仕事が立て込んでいたため、数時間後の飛行機で香港に戻る強行日程だったとか。ところが、その国への入境の際に、入国カードに宿泊ホテルを書かないで提出したようだ。すると、係員から、戻りの航空券提示を求められ、その後、別室に連れていかれたようだ。この知人、事情説明をしたが、係員が出口まで同行。そこで、出迎え人に部品を渡し、またその足で、出国手続き所まで向かったようだ。この間、入管職員がずっと同行。因みに、空港使用料の払いは要求されなかったとか、、。この知人、とんでもない目にあったと頭を掻いていたが、これなかなか出来ない貴重な体験。この件で、半年ぐらいは話の種になるだろう。

ところで、事情がわからない出迎え側は、係員に連れられて出てきた知人を見て、「◯◯さんが拘束された」と大変だったようだ。いろいろある。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする