6月23日(火)「心のこもったビラ配り」

良かったのか悪かったのかよくわからないが、学生時代はいろんなアルバイトに精を出した。その中でも、得意としたのがビラ配り。春先、新宿や代々木の駅前で、よく行なったものだ、、、。知人が、香港島でパン屋さんをオープンした。近くには、大手保険会社ひしめくビジネス街。だが、パン屋さんも何件もある。所謂、激戦地区だ。独特のパンを提供するお店だが、いかに地元の人に存在を知ってもらうかがポイントになる。そこで、この知人、率先して商品の紹介、開店記念の20%割引が書かれたビラを配っている。しかも、そのビラの配り方が様になっている。一人一人に丁寧に頭を下げ、目を見て配る。そのためか、受け取らない人も、「申し訳ないけど」と、意思表示をしながら断わる。以前、アルバイトでビラを配っていた時は、早く配り終えるのを優先。「宜しくお願いします」と言いながらも、強引に脇の下に入れ込んだりしたもの。この知人のような、丁寧さはなかった、、。心のこもったビラ配り、必ずや顧客を店に引き込むだろう。

頭を下げる動作には、香港の人も過敏に反応する。これ、万国共通なんだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする