8月30日(日)「開いたスペース」

息子の学校の新学期が始まって1週間。遊びに来る友達の顔ぶれが、ちょっと変わった、、、。仲の良かった米国人の子が、エジプトの学校に転校。息子も寂しがってたものだが、新学期も始まると、また新しい友だちも出来る。この数日、立て続けに遊びに来るのは、ロシアの子。前から知り合いではあったようだが、特に仲良くなったのは最近のようだ。(息子は、先日の米国でのサマースクールでルームシェアーした子もロシアの子。どうも、ロシア人と縁があるようだ。)ところで、この事は、当たり前だが、一つの事を教えてくれる。「望むと望まないに関わらず、付き合う人間(友達)のスペースが出来れば、それを埋める新しい人間はすぐ現れる」と言う事。今の状況がよくないとか、うまくいかない時は、付き合ってる人間との関係を見直すに限る。そうすると、その開いたスペースに新しい人間が入ってきて、また新しい状況が始まる、、。人が頻繁に付き合える人の数は限られる。たまには、そのスペースを開ける作業も大事になる。

付き合う人間が変われば、その運気も変わる。慎重に選定したいものだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. りんたろう

    こんばんは。日経の記事でこんなものがありました。私は今、日経新聞の電子版の会員です。読んでおもったのが、貴兄の息子さんの就職先にこんな世界があるなあと思いました。まだまだ先の話しでしょうがね。ご参考に。
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO91022290X20C15A8000000/?n_cid=DSTPCS005

  2. 再登板社長

    りんたろうさん、ありがとうございます。
    参考になります。
    息子は、サッカーも好きなので、こんな仕事
    面白がるでしょうね。

コメントする