9月27日(日)「エンターティナー性」

「明るく、楽しく、元気よく」というと、「NHKのど自慢」のキャッチフレーズ。この長寿番組を、久々に見る機会があった、、、。のど自慢どころか、テレビはほとんど見ない。たまに、サッカーや相撲、野球の試合、そしてニュースを見るぐらいか。夕食時に、ニュースを見て、そのままテレビをつけっ放しにしてると、のど自慢が始まった。「この夜の時間に」と不思議に思っていたら、「SMAPプレゼンス」の特別番組だった。震災地でののど自慢中継だが、これがなかなか面白い。外に写真を撮りに出かける予定を変更。結局、番組の終わりまで見続けた。テレビの1視聴者を惹きつけたのは、SMAPのその類まれなエンターティナー性。番組を盛り上げるのは勿論、合格者とは一緒に喜び、惜しい結果でも健闘を称える。観客との握手会に始まって、代表曲メドレーでは、客席に降りて歌うなど、異例ずくめ。数百人の小さな会場だったが、その盛り上がり方は、半端じゃなかった、、。のど自慢放送開始70年の記念番組だったようだが、元気をもらった時間だった。

ひょっとして、今年の紅白の白組司会、「香取慎吾」?

カテゴリー 日記

コメント

コメントする