11月22日(日)「Hong Kong is not China」

先日、旺角スタジアムで行われた香港VS中国のW盃予選。格上の中国がボールを支配するが、香港が必死の防御。結局、0VS0のドロー。この結果、中国も香港も、予選敗退の可能性が極めて高くなった、、、。この試合中、面白い横断幕が掲げられた。「Hong Kong is not China」とか、「We are Hong Kong」とかいうもの。これらに加えて、ブーイングの「Boo」という横断幕が、中国の国家演奏時に掲げられた。この試合、当然中国の方でも放送されたと思うが、大陸の人達、これらを見て、一体何を思ったのだろう。ところで、この試合を見ながら、先日訪れた旧ユーゴの国々を思った。宗教も民族も異なった6つの国を束ねていた旧ユーゴスラビア。ストイコビッチやヨジッチを要した1990年の代表チームは、ドリームチーム。そのスター軍団を率いたオシム監督は、その民族間の調整で四苦八苦、大変な思いをしたようだ、、。欧州や南米のサッカーの試合で暴動が起こるのは、こうした民族間の問題が拘ってる時なんだろう。

中国VS台湾、北朝鮮VS韓国、これらの試合も白熱しそうだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする