12月23日(水)「甘い時間の読み」

昨日、深セン、東カンの知人の会社を訪問した。夜、帰るつもりでいたが、ついつい遅くなり、東カンに泊まる羽目になった、、、。「9時半の来客に間に合わせるため、6時半に東カンのホテルを出発。7時の東カンー羅湖のバスを乗り継いて、会社には9時半前に入る」。際どいとは思ったが、何とかなるだろうと、この予定で望んだ。6時起床、7時の羅湖までの始発バスに乗る所までは予定通りだったが、深セン市内に入ってからが、かなりの渋滞。1時間15分程度で着くところが大幅に遅れ、羅湖到着が9時前。そこから、KCRを乗り継いで会社に入ったのが10時。きっかり30分の遅刻だった。この遅刻の原因は、甘い時間の読み。バスが渋滞に巻き込まれる事なく、スムーズに着くとばかり考えていたが、深セン地区の朝夕のラッシュを全く考えていなかった。無理な予定を組むのではなく、昨晩のうちに、面倒でも香港に帰ってくるべきだったと後悔したが、これも後の祭り、、。今回のミス、今後のいい薬にしなければ。

しかし、早朝の羅湖界隈の込み方は異常。もの凄かった。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする