2月25日(木)「手書きの評価」

米国法人の社長を長年続けてきた先輩。提出された書類や履歴書が手書きだったら、「見ないで破棄していた」と言っていた、、、。新聞を読んでたら、作家の向田邦子が乱筆だった旨、書かれていた。何でも、その書きなぐった字を見て、「手紙」が「牛乳」、「嫉妬」が「猿股」に見えたというから凄い。判読不明の「乱れ字」だったのだろう。ところで、乱筆度合いには自信がある。丁寧に書けばそうでもないが、急いで書いた時など、後で見返してみて、自分でも判別できない。自分が見てもわからないぐらいだから、他人には理解不能な厄介なシロモノだろう。が、乱筆でありながら、時たま手書きで絵葉書を送ったりする。手書きの方が、気持ちが伝わって喜ばれるだろうと思っての事だが、これ、先の先輩からすると、全く理解できないようだ。「達筆すぎて、相手に読みにくい手書きより、タイプしたほうが、読み易くて数段いい」、、。アメリカナイズされた先輩の話、100%同意はできないが、参考になる。

手書きで書いたものを喜ぶ人もいれば、全く評価しない人もいる。面白い。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする





  • ようこそ!
    China World 社長の「まだ続いてる?!」ブログへようこそ!
    2009年11月4日開始。基本的に毎日更新。(時々数回分をまとめてUPすることもあり)
    最終目標は10,000回。因みに、3,000回達成は2018年1月19日、5,000回達成は2023年7月13日、10,000回達成は2037年3月21日の予定。

    弊社ウェブサイトも是非ご覧ください。

    http://www.chinaworld.com.hk/

    ※China World 社長は時代にマッチしたサービス(ビジネス)を一速く見つけ出し、提供する事を常に考え、また趣味においては、2030年10月31日迄に世界193カ国(国連加盟国)すべてをまわる事を目指している。


  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • カレンダー

    2022年7月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • お問い合わせ

    お問い合わせ