3月1日(火)「予算」

先週、2016/17の香港政府予算が発表させれた。変更事項は、BR(商業登記)費がHK$250に下がり、個人取得の控除枠が、独身がHK$120,000から132,000に、結婚控除が240,000から264,000に引き上げられた、、、。この数字を眺めていると、何となく、香港政府の考えている事が見えてくる。まず、BR費の削減は、単純に、既存法人へのその負担軽減で、また新規法人設立を促す。また、個人所得税に対する控除枠の増加は、香港の激しい物価上昇に対する、香港市民の負担軽減の意味合いだろう。政府としては、香港の「国際金融都市」で、「整備されたビジネス環境の街」、というブランドを大事にしていきたいはず。ところが、昨今は、香港の銀行が簡単に法人口座開設に応じないという事で、ビジネス環境で見た場合の香港に、疑問符がつき始めている。が、政府としては、自由な環境での国際金融都市、国際ビジネス都市の立場を維持しておきたいはず、、。この2016、17年、香港はどんな方向に進んでいくのだろうか。

いずれにしろ、政府の費用が下がり、控除枠が上がるのは有難い話ではある。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする