5月6日(金)「国籍の誤記載」

外国人が持つ、中国内での運転免許証には、姓名、性別、生年月日とともに、国籍が記載される。先日、中国の運転免許証を更新した知人、本来日本となる国籍欄が中国となっていたようだ、、、。この運転免許証、実際見せてもらったが、明らかに日本人の姓名、男性、そして国籍欄が中国となっている。中国の代理店経由で更新手続きをしたようだが、代理店のミスなのか、それとも発給元の中国の公安局のミスなのか。国籍を間違えてる。先方が間違えたので、すっとぼけてこのままで使用でも良さそうだが、何と言っても中国。問題が発生した時に、国籍欄の誤記載で、チェックが厳しくなる事も十分考えられる。そこで、この知人、中国の代理店に確認に行ったようだ。が、彼等も、このようなケースでどう処理していいかわからないようで、明確な返事をくれなかったとか。という事で、この知人、発給元の公安局まで、この国籍の記載間違い、問題があるかどうか確認に行くようだ、、。この件、中国の役所がどう対応するか、人事ながら楽しみだ。

ところで、この知人、この記載間違いを、面倒がるどころか、楽しんでる。大したもんだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする