5月8日(日)「若さの特権」

通常、1つのベッドに何人ぐらいが寝れるだろう。せいぜい3人、多くて4人。そんなもんだろう、、、。金曜、土曜になると、息子達は、友達の家を泊まり歩く。今日は、A君の家で、来週はB君の家。こんな感じだ。たまたま、昨日はうちに泊まりに来たが、何人いたのだろう。6−7人だったと思う。皆でワイワイ騒ぎながら、夜中に腹が減ったと、カップラーメンを買いに行く。お湯の沸かし方で「あーでもない、こーでもない」と、青春を謳歌してる。ところで、翌朝、息子の部屋に入って驚いた。何と、7人が一つのベッドに寝ている。普通の体勢で3人。横向きに3人。後の一人は、斜めになって寝ている。皆熟睡してるので、問題はなかったのだろうが、「一体何本の足が交錯してるのか」とか、「寝相の悪い人間はいなかったのか」とか、この強烈な光景を見て思った。昔、修学旅行や合宿でこれに近い経験はしたが、体の大きい育ち盛りの7人が一つのベッドで寝てる光景、何とも圧倒された、、。「若さって素晴らしいなあ~」、心底そう思った。

息子に聞いたら、いつもこんな感じとか。結束力が強くなるのだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする