5月10日(火)「凌ぎやすい気候」

バンコクから来た知人が、この時期のタイの暑さは半端じゃないと言っていた。何でも、街中のローソクが折れるように溶けるほどの暑さとか。めっきり暑くなってきた香港だが、これぐらい屁みたいなもの、と言っていた、、、。このタイ程ではないが、香港も蒸し暑くなってきた。寝る時はクーラーを付けてないが、知らず知らずに、夜中にクーラーを付け、肌着も脱ぎ捨てている。体に直にクーラーの風があたるので、朝起きた時は、何となく体が重い。これから暫くは、この寝苦しさとの戦いになる。ところで、午後便で日本に移動した。到着時の東京の気温が16度。寒くもなく暑くもない、丁度いい感じ。そう言えば、まだ5月の始め。まだまだ、春だ。海外生活が長くなると、特にそう感じるが、四季があるのはいい。特に、夏、冬だけでなく、春、秋が一定期間あるのはとてもいい。香港やタイがうだるような暑さの時に、日本は快適な凌ぎやすい気候、、。食べ物も気候もマイルドな日本。訪れる観光客の数、益々増えるのだろう。

暑い東南アジアからの観光客には、凌ぎやすい春、秋の心地よい気候は堪えられないだろう。明確な四季、これも日本の持つ財産だ。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 山本善光

    日本の5月は本当に過ごしやすいと思います。
    東京に来ているの?

  2. 徹追社長

    そう。
    週末は来れなくて、いつも平日。
    ごめん。

コメントする