5月30日(月)「同国勢同士の決勝」

先日行われた欧州チャンピオンズリーグの決勝、レアル・マドリードがアトレティコ・マドリードにPK戦の末勝ち、11回目の優勝を決めた。ジダン監督は、就任1年目で、CL制覇の快挙を成し遂げた、、、。このレアルとアトレティコのマドリード勢の決勝戦。開催されたのがミラノ。マドリード開催だったら、物凄い盛り上がりだったと思うが、ミラノ市民の反応もイマイチだっただろう。ところで、この数年のチャンピオンズリーグの決勝戦、同じ国のクラブチーム同士の対戦が多い。昨年は、バルセロナVSユベントスだったが、2014年は、今年と同じレアルとアトレティコのマドリード勢の決勝戦。2013年も、バイエルンとドルトムントのドイツ勢同士の決勝戦。事前に決められた開催地を、直前で変更するのも難しいだろうが、2013年のドイツ勢同士の決勝がベルリンあたりで開催されれば、その盛り上がり方半端じゃなかっただろう、、。主催者側としては、同国勢同士による決勝、極力避けたいのがほんとのところでは、、。

選手としても監督としてもCLを制覇したジダン。強い星の下に生まれているのだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする