6月1日(水)「山酔い」

先日、チベットのラサに行った知人と飯を食べた。この知人、高度2000メーターあたりから吐き気が激しくなり、「山酔い」に悩まされたとか、、、。「山酔い」という言葉に馴染みがなかったので聞いてみたら、高山病の初期症状らしい。標高が高くなるに連れ、気圧が薄くなり、頭痛や嘔吐、倦怠感を催してくる。知人の状況がまさにこれで、頭痛はなかったようだが、激しい嘔吐に悩まされたとか。係員を呼ぶまでは至らなかったようだが、ラサに到着する頃には、だいぶ体力を消耗したようだ。で、標高3700メーターのラサ到着後は、大げさな話、5歩歩くだけでも、ゼーゼーと息苦しきなったようだ。知人の症状は、まだ高山病の初期症状で山酔いと称されるもの。これが、高山病になると、激しい頭痛に、激しい嘔吐。息切れも激しくなり、対策としては、標高の低いところまで移動するしかないようだ、、。という事で、この知人、大変な思いをしたようだが、それだけに忘れないいい思い出にもなったようだ。自然の厳しさを知る、これも旅の醍醐味の一つだ。

このチベット、絵も言われる美しさ。どこかのタイミングで訪ねてみたいものだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする