7月19日(火)「テンポの良さ」

昨日、来社した知人、ちょっと話しただけだが、何となく心地よくなってくる。何が原因だろうと考えてみたら、その話し方のテンポである事がわかった、、、。昼メシ後で、何となく眠気を感じる時間帯だったが、この知人との会話が始まると、急に元気になった。話の内容や声の質ではない。話しながら、話のテンポがとても噛み合ってる。すると、現金なもので、眠気もすぐ飛び去り、とても快活な気分になった。本人は気が付いてるかどうかわからないが、この知人、物事を簡潔に語る。そのためだろうか、言葉にメリハリが効く。また、小気味いいテンポで話すため、会話がスムーズに流れる。話上手な人と言うのは、この知人のような人を言うのだろうな、と思った、、。テンポとは、速さ、調子、リズム等を指してそう言ってると思うが、人間にも、心地良いテンポというのが必ずあるはず。話し相手を満足させるために、「話のテンポに気を付ける」、これ大事な事だ。

我々は、得てして、話の内容には気を配るが、話す際のテンポには無頓着なもの。気を付けないと。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする