6月20日(月)「スター誕生」

持ってる選手というのは、ここ一番で簡単に打つが、「持ってない選手(普通の選手)」は、なかなか打つことが出来ない、、、。カープの若きスラッガー鈴木誠也が、2試合連続のサヨナラホームランを打った。最初の試合は、同点でのサヨナラだが、2試合目は、逆転サヨナラの一発だ。山本浩二以来、カープが心待ちにしていたスター誕生の瞬間だった。この鈴木、先日のソフトバンク戦の9回、サイクルヒットと抱合せのサヨナラホームランのチャンスがあったが、わずか数十センチ足らずの二塁打。ツキのない選手かと思っていたら、この2試合で連続のサヨナラの一発。この長打力に加えて、強肩、俊足。野性的な顔は、スターの素質抜群だ。また、ヒーローインタビューでも、インタビュアーの質問に、「最高です!!」を繰り返す。久々に現れた、個性派のスター候補生だ。長らく打者のスター不在で困ってたカープ。この鈴木には、順調に育って欲しいだろう、、。いつの日か、この鈴木とヤクルト山田が三冠王を巡ってしのぎを削る。そんな時代になるのだろう。

バケツ一杯の水を頭からかぶって「超最高!!」と叫ぶ。鈴木には、スターの素質がある。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする