7月4日(月)「とんかつ人気」

今更なんだが、「とんかつ」というと、「豚のロースやヒレの部分を小麦粉やパン粉で揚げたもの」。日本以外では見かけなかったので、純然たる日本料理なんだろう、、、。アジアの各国で、このとんかつが人気のようだ。上海で台北で、マニラで、バンコクで、どこでもとんかつ屋が繁盛してるとか。客層は、現地の若い世代とか。サクサクと揚げる独特の調理法が人気なのか、結構いい金額のするお店が、ローカルの人間で繁盛してるとか。ところで、これらのとんかつ屋、その味もさることながら、サービスも日本式を取り入れているようだ。ご飯、味噌汁をおかわり自由にする。ウエイター、ウエイトレスが、キャベツが山盛り入ったボールを抱えて、客席を回り、キャベツを注いで回る。この店員が、お茶ではなく、キャベツを注いで回るので、サービスのいい店との評判を取り、ローカル客がリピーターとなり、お店が益々繁盛する、こんな感じなんだろう、、。今度、アジアの各都市でとんかつを食べてみよう。きっと、何か、新しい発見もあるのだろう。

日本では、ごく当たり前の事が、アジアの国々では、凄く良いサービスになる。面白い。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする