8月5日(金)「ボブ・マーリー博物館」

キングストンに到着後、ホテルにチエックイン。その後すぐに、レゲイの神様「ボブ・マーリー博物館」に出かけた、、、。嫁は、このボブ・マーリーの大ファンで、息子もよく知ってる。が、自分自身は初めて耳にする名前。その旨を伝えると、「えっ、ボブ・マーリーも知らないの」と呆れられた。キングストンにあるこのボブ・マーリー博物館、なかなか面白い。スペイン語と英語に別れて、博物館専属のガイドが案内する。博物館内をくまなく詳しく説明して回る。途中、ボブ・マーリーの映画も見るが、トータル2時間程度だろうか。結構、楽しめた。ところで、この博物館、室内での撮影は厳禁。罰金を取る旨、ガイドが何度も説明。2時間程度の案内の間、誰一人として写真を撮らなかった。が、もしここに中国人旅行者がいたらどうだったのだろう。世界中の1流美術館でも写真を撮りまくる彼ら。博物館関係者と激しい闘いを繰り広げた事だろう、、。いろんな意味で、このボブ・マーリー博物館、楽しめた。

このボブ・マーリーの、魂のこもった(心を揺さぶるような)曲の数々。どこかのタイミングで、ゆっくり味わいたいものだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする