9月1日(木)「シートベルト不着時の罰金対象」

香港でも深センでも、タクシーに乗る際は、シートベルト着用が義務化されてる。が、その際のタクシー運転手の対応、かなり違う、、、。香港でタクシーに乗る際、後部座席でもシートベルトを締めないと罰金をとられる、これは知っている。しかし、シートベルトを締めてなくても、運転手が何か言ってくる事はない。香港では、罰金は(シートベルト締めてない)乗客に直接課せられるようだ。一方、深セン。最近、後部座席に座っても、運転手からシートベルトを締めるようにうるさく言われる。どうも深センでは、乗客がシートベルトを締めてないと、タクシー運転手に罰金が課せられるようだ。運転手も、「乗客がシートベルトを締めてないばかりに罰金を払わされた」、こんなとばっちりを防ぐために、うるさく言うのだろう。香港政府も中国政府も、乗客にシートベルトを着用してもらいたい点は一致してるが、罰金対象を運転手にした中国式の方が、シートベルト着用は徹底されるのだろう、、。いろんなやり方があり、面白い。

シートベルト不着用の際、乗客から罰金を取る香港と、タクシー運転手から取る中国。この違い、面白い。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする