9月18日(日)「オンデマンド本」

先日、知人と話してたらエストニアの話になった。エストニアを含むバルト3国に、近いうちに行く予定と言ったら、1冊の本を勧められた。「未来型国家エストニアの挑戦」という本だ、、、。早速、この本の購入のため、御茶ノ水の本屋街に出かけた。ところが、この本、どこの書店にも売ってない。今年の始めに出た本なのに廃版は早過ぎる。一つの書店で聞いてみた。すると、この本を発行してるインプレスR&D社は、電子書籍を扱ってるようで、実際の紙の書籍は扱ってないとか。だから、このエストニアの本を読むためには、「電子書籍として読むか、これを1部づつ注文に応じて印刷するオンデマンド本として読む」、このいずれかのようだ。幸い、本として印刷する作業も30分程度、料金もリーゾナブルなので、このオンデマンド、試してみた。30分後に受付カウンターに行ってみると、170ページ程の綺麗な本として出来上がっていた、、。我々にとっては有意義なこのサービスも、電子化の進む時代、将来性は少ないのだろうなあー。

ところで、「on demand」とは、ユーザーの要求に応えるサービス提供との事。いい勉強になった。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする