9月23日(金)「弁護士の見解」

昨日の昼メシ会は、香港人弁護士が主催。香港の税金についての話だった、、、。仕事柄、会計士とは話をする機会が多いが、弁護士と話すのは、特定の問題について。それもあり、今回の昼メシ会、香港人弁護士が香港の税金をどう表現するか、楽しみにしていた。すると、やはり弁護士の見解や切り口、会計士のそれとは、かなり違う。なるほど、弁護士は、サラリータックスやダイレクターフィーについて、こんな捉え方をするのかと、だいぶいい勉強になった。ところで、この場に参加しながら、同じ香港の税金というテーマで、弁護士と会計士に意見を戦わせてもらうのも面白いからと思った。そうすると、同じテーマに対して、弁護士と会計士の切り口の違いがより明確になり、税金というテーマへの理解が深まるのでは、と思われた、、。どこかのタイミングで、今度は、会計士と弁護士に各々の見解を示してもらう。それらの比較、結構いい勉強になるのだろうな~。

同じ士業でも、その切り口、全然違う。面白い。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする