10月4日(火)「25万人と600万人」

上海から訪ねてきた中国人の知人に、「この国慶節休み25万人の中国人が韓国を訪れ、570億の消費が予想される」旨の話をしたら、「この国慶節休み、600万人の中国人が海外旅行に出かける。25万人なんか屁みたいだ」と返された、、、。先日のデイリー深センに載ってた新聞記事を、そのままこの上海の知人にぶつけた訳だが、確かに彼の言う通り、600万の人が海外旅行に出かけるのなら、25万人はその24分の1。全然、大した数字ではない。最初、25万人と聞いた時は、「25万人は、日本の地方の県庁所在地と同じぐらいの人口。その県庁所在地の都市のすべての人が出かける訳だから、ものすごい数字だ」と思った。が、中国在住のこの知人にすれば、25万人はホントに少ない数。「なんで、25万、570億にそこまで驚く」と言うような顔をしていた、、。確かに、13億人中の600万人は、0.4%。中国の人からすれば、この600万も多くないのだろう。国慶節の旅行者数から、中国の人口の多さを思い知らされた。

しかし、人口が多いのは凄い事。皆が中国を狙う事、よく分かる。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする