10月7日(金)「フィレンツェ風ステーキ」

先月、イタリア、ドイツを旅してきた知人一行。来年は、イギリス国内、バルセロナ、そしてフィレンツェを廻る予定とか。何で、またイタリアの、それもフィレンツェと思った、、、。知人一行、今回のイタリア、いたく感動的な旅だったようだが、その中でも印象に残ってるのがフィレンツェとか。フィレンツェというと、イタリアルネッサンスの発祥都市。その遺跡や絵画に惹かれてと思ったら、そうではない。地元の名物料理、「フィレンツェ風ステーキ」をまた食べたいがための、再度のイタリア行きのようだ。このフィレンツェ風ステーキ、骨付きのステーキを焼いたもので、片側がサーロイン、もう片側がフィレ。塩をふりかけて食べる独特のTボンステーキのようだ。この話を聞いて、俄然このフィレンツェ風ステーキを食べたくなった。何と言っても、イギリス、スペインを旅行する一行が、このステーキを食べるためだけにフィレンツェを経由する、、。一体どんな味がするのか、是非、一度味わってみたいものだ。

義理の姉が、バイオリンの関係でフィレンツェによく行く。が、今までこのステーキの聞いた事がない。人によって、フィレンツェの楽しみ方、全然違う。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする