10月10日(月)「耳の訓練」

クラリネットをやっていた息子が、ギターをやりたいと言ってきたのが1年ほど前。今度は、「来年、音楽仲間数人で演奏会を開くので、エレキギターが欲しい」と言ってきた、、、。毎朝、起きた後に最初に取る行動は、シューマンの第1交響曲をかける事。この作業、自分のために行っているが、嫁や息子も、知らず知らずに、この曲を聞かされる事になる。息子に、試しに「この曲を知ってる」と聞くと、「知ってる。だって、100万回ぐらい聞いてるから」と言うほど。100万回は大げさだが、このシューマンの交響曲、結構な回数で息子の耳に届いているはずだ。それほど、この交響曲を聞かされてる訳だが、これ、息子にとっては、とてもいい事だと思う。当然、右脳が刺激され、想像力や創造力が助長されるだろうし、音楽をする人間にとって、同じ曲を繰り返し繰り返し聞く行為は、耳のいい訓練になってるはず、、。という事で、来年の、より訓練された息子達の演奏会、楽しみにしていよう。

よく「同じ曲を聞いて飽きない」と言われるが、全然飽きない。やはり、変わっているのだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする