11月16日(水)「アマゾン、アップル、スタバ」

携帯グッズの販売をしてる知人。米国とは、切っても切れない関係にあるようだ、、、。この知人、自身の生活でどうしても必要なものが3つあるようだ。「アマゾン」と「アップル」、そして「スタバ」とか。アップル社のIPHONEは片時も離せないようで、物の購入ではアマゾンを使い、1日2回はスタバに通うとか。アマゾンとは商売の絡みもあるようで、この3つは「自身の生活の中で無くてはならないもの」のようだ。ところで、この3つ、奇しくもすべて米国産。そのためだろうか、この知人、米国が大好きで、年に数回は必ず米国を訪ねるとか。この米国贔屓の知人に、最近のトランプブームについて聞いたら、「自分が好きなのは、米国の文化や会社の考え方。大統領が誰になろうが、その気持ちは変わらない」と。自らの日常に米国式が組み込まれてる知人にとっては、米国の大統領が誰になろうが、またその政策がどう変わろうが、全く関係ないようだ、、。アマゾン、アップル、スタバ、限りなく米国社会に貢献してるようだ。

「スタバのコーヒーを味わいながら、IPHONEを使い、アマゾンで物の購入をする」、そんな人たくさんいるだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする