11月27日(日)「ソースカツ丼」

以前、福井県で知人がご馳走してくれたカツ丼は、ソースにたっぷり浸したカツをご飯の上に乗せたもの。通常の、とんかつと卵で炒めた玉ねぎのカツ丼とは、だいぶ趣が違った、、、。先週末、深センのセミナー会場近くで、駆け込みで昼メシを食べた。ところで、飛び込んだ日本料理店、メニューの中にソースカツ丼がある。以前福井で食べたソースカツ丼が頭をよぎり、早速注文した。確か、福井で食べたソースカツ丼は、カツにソースがたっぷり染み込み、ご飯までもソース味。これが何とも美味だった記憶がある。が、深センの日本食店で出て来たソースカツ丼は、ご飯の上にカツが乗っている。しかし、ソースは全くかかっていない。小皿にソースがたっぷりとあり、これにつけて食べて下さいという事だろう。「ソースがたっぷりかかったカツ丼を嫌がる人がいるかも」との配慮だと思うが、福井で食べた豪快なソースカツ丼をイメージした身からは、ちょっとがっかりした、、。あの豪快なソース味、また食べてみたいものだ。

こちらでは、天ぷらうどんでも、天ぷらとうどんが分かれて出てきたりする。丁寧なのだろうが、「あれっ」と思ったりもする。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする