12月8日(木)「学習到達度調査」

72カ国参加の国際的学習到達度調査(PISA)によると、日本の学生は「読解力」の部分が低下。今後の課題である事がわかった、、、。このPISAの調査、72カ国の15歳が参加。「数学」、「科学」、そして「読解力」についての調査を行ったようだ。日本は、「数学」、「科学」の順位は上がったようだが、「読解力」については低下との結果が出た。このPISA、思考力、判断力、表現力と言った「応用力」をはかる指標で、入試問題でも、従来の学力テストではなく、PISA型を取り入れる学校が増えてきてるとか。この読解力を伸ばすのに有効なのは、討論やグループ学習。また、ある事柄について100字程度に纏める事。これらが、いい訓練になるようだ。ところで、これらの訓練、討論やグループ学習は、毎月行う昼メシ会で、また、ある事柄について纏める事も、毎日書くブロッグで450字程度に纏めている、、。自分では意識してなかったが、日々の(自身の)行い、読解力向上に有効なもの。PISAの試験受ければ、いい得点取れるのだろうか。

これらのPISAの調査で、どの分野でもダントツなのがシンガポール。教育への力の入れ方、半端じゃないのだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする