1月2日(月)「遠回りの運転手」

昨日のブログで、「快」を追求する旨書いたら、「トラブルや言いたい事があっても(快を追求するあまり)我慢するのか」との質問を受けた、、、。夜、香港空港から深セン湾口岸までタクシーで移動した。フト、外に目を向けると、いつもと違う所を走っている。海沿いに走るのではなく、屯門の高速を走っている。ここを走ると、通常300香港ドル程度のタクシー代が、高速代を含めて370−380に跳ね上がる。注意しなかった自分も悪いが、運転手に問い質したら、「高速を走る旨の確認を取った」とシラをきってきた。そのまま放置してもいいかとも思ったが、後々同じような問題が起こらないとも限らない。車の番号、運転手名を、タクシーの苦情窓口まで連絡入れた。「快」を追求すると言うと、トラブルや問題があっても見てみぬふりをすると勘違いする人もいるが、自分にとっては、言いたい事を言わずに黙っているのが最高の不快。そのため、快の追求のためにも、こうした我慢はしない、、。これからも、自分の心地よさを基準に行動しよう。

注意だけで終わらせようと思ったが、あまりに白々しい嘘をついてきたので、苦情窓口まで連絡入れた。まあ、しょうがないか。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする