1月12日(木)「シェーラザード」

春節後の香港芸術祭の演奏品目を見てたら、興味深いものがあった。ゲッツェル&イスタンブールフィルのそれで、初日に予定されてるリムスキー・コルサコフの「シェーラザード」だ、、、。作曲家であり、海軍士官でもあったロシアのリムスキー・コルサコフ。職業柄、海外を訪れる事も多かったようだ。そのリムスキー・コルサコフが、イスラム情緒たっぷりに仕上げたのが、交響組曲「シェーラザード」だ。千夜一夜物語の語り手で、伝説上のイスラム王妃と言われるシェーラザード。このイスラマチックな曲を、トルコのイスタンブールフィルがどのように演奏するのか、とても興味がある。彼らが、海外遠征する時には、よく求められるであろう十八番中の十八番。価格も、他の西洋のオーケストラに比べて格段に安い。ところが、演奏日を見て、がっかり。このへんは、丁度日本に行かなくてはならない時期。折角の興味深い組み合わせも、次回持越しになった、、。イスラム系のオーケストラが演奏する「シェーラザード」、どこかのタイミングでトライしよう。

このイスタンブールフィル、日本公演の前後での香港立ち寄りかと思ったら、そうでもない。香港単独の遠征なのだろうか。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする