1月13日(金)「工場で卓球」

昨日訪ねた深センの工場。聞けば、この工場経営者、卓球に凝ってるという。(工場内に、卓球台からラケット1式から、すべてが揃っている。)食事の後に、(その工場で)卓球で汗を流す事にした、、、。卓球をするのは、どれ位ぶりぶりだろう。最低、この十数年はやった記憶がない。ところで、卓球というと、比較的ラクなスポーツというイメージがある。が、開始後、しばらくして、その認識変わった。4−5分打ち合うだけで、かなりの汗をかく。十数分後は、体中汗びっしょりな感じ。20分も続けると、「ちょっと休憩が欲しい」と言った感じ。驚いた。確かに、テニスやバトミントンに比べて激しく動き回る事はないが、各々のラリーが激しいため、結構目が疲れる。動体視力が必要とされるのだろう。後、返ってくるボールによって、軽くあてたり、ラケットをかぶせて打つ必要があったりと、かなりの知能も要求される、そんな感じがした、、。いずれにしろ、平日の昼下がりの卓球、面白い体験だった。

しかし、卓球であれだけ汗をかくとは、ちょっとした驚きだった。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする