1月15日(日)「自転車シェアリング」

ここ最近、深センの街で異常に増えたのが、路上に置かれてる自転車。赤い「MOBIKE」と書かれたものから、それに似たものが幾つかある。これらの自転車、よく見ると、後ろに「30分1元」と書かれている、、、。自分で試してないので推測だが、これらの貸し自転車、「QRコードをスキャンすると鍵が外れ、目的地に到着したら、また鍵をかける。決済は、WeChatペイかアリペイ。その時間あたりの使用料が落とされる」、こんな感じだろうか。これが、他の中国の大都市、北京や上海あたりでも行われているのだろう。このシェアリングビジネス、まず驚かされるのが、その使用料の安さ。30分の自転車使用料が15円程度。また、どこでも好きなところに自転車を駐車出来るというのも中国ならでは。短距離間の移動に人気が出そうだ。例えば、地下鉄の駅から会社まで7分程度。朝夕の出勤帰宅時に、この自転車シェアリング、活用されそうだ、、。自転車王国中国での、そのシェアリングビジネス、どう展開されるのだろう。

こうした大胆なビジネスが一挙に拡がるのが中国。ダイナミック過ぎる。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする