1月16日(月)「傍観者」

コンサル業務の知人と、久々に会った。この知人、フェースブックやツイッターなどのSNSを駆使して、仕事は快調と言っていた、、、。何でも、この知人、午前、午後、夜に各々2時間ずつ、合計6時間をこれらのSNSを見る事に充ててるようだ。これらの中には、特定のブログも含まれているようで、チェックが必要なものを見続け、コメントを入れるだけで、あっという間に2時間が過ぎるようだ。こうして、朝、昼、晩の3回、SNSに見入っているとか。ところで、これだけSNSに時間かけてるので、さぞかしこの知人、フェースブックやブログなどで自身の発信もしてるかと思ったら、それは一切ないとか。「他人の写真や文章にコメントを入れるだけでも、これだけ時間を取られる。その上、自分で発信し始めたら、それこそ時間がなくなる、そのために自身の発信は控えてる」と、、。なるほど、この知人、他人の写真や文章にコメントを入れる事で彼ら(彼女ら)の自己重要感をくすぐり、それが仕事に結びつくのだろう。が、何か釈然としないものが残った。

仕事と割り切ってるのかもしれないが、この知人の(これらの)6時間、楽しいのだろうか?

カテゴリー 日記

コメント

コメントする