1月23日(月)「人と機械による2回の入国審査」

香港から中国に入る際は、入管で係員がパスポートを確認。その後、入境印をもらい入境。その後、荷物検査がある、、、。先日、深セン湾の口岸口から、中国へ入った。係員のパスポート検査を終え、やれやれと思っていたら、その先にゲートができていて、人が並んでいる。よく見ると、ここで、中国人も外国人も、パスポートや通行証の写真ページをスキャン。その後、ゲートが開いて、やっと中国側入境になる。中国入境の際に、人と機械、2回のチェックがある事になる。しかし、この2回目の、マシンによるスキャンチェック、一体名の意味があるのだろうか。係員によるチェックは、ビザの有無や、ブラックリストに載ってるとかそうでないとか、こうした確認だと思う。が、その後のマシンによる再チェック、何の意味があるのか、さっぱりわからない、、。ひょっとして、「今後は、マシンによるスキャンチェックのみ。係員による入国審査を無くす前段階」という事であれば嬉しいが、、。そんな事ないだろうなー。

しかし、このチェックポイントが増える事で、人が多い時の混雑ぶりに拍車がかかるのだろうなー。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする





  • ようこそ!
    China World 社長の「まだ続いてる?!」ブログへようこそ!
    2009年11月4日開始。基本的に毎日更新。(時々数回分をまとめてUPすることもあり)
    最終目標は10,000回。因みに、3,000回達成は2018年1月19日、5,000回達成は2023年7月13日、10,000回達成は2037年3月21日の予定。

    弊社ウェブサイトも是非ご覧ください。

    http://www.chinaworld.com.hk/

    ※China World 社長は時代にマッチしたサービス(ビジネス)を一速く見つけ出し、提供する事を常に考え、また趣味においては、2030年10月31日迄に世界193カ国(国連加盟国)すべてをまわる事を目指している。


  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • カレンダー

    2024年4月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • お問い合わせ

    お問い合わせ