8月26日(木)「香港人と中国人」

こちらで生活していてよく思うが、香港の人は、「香港人としてのプライド」を人一倍持っているように思う、、、。先日の、香港人旅行客のバス・ジャック事件の、日本での報道は、「香港」からの旅行団がバス・ジャックされ、「中国人」8名が死亡、、という形の報道だった。こちらに長く住んでいると、この報道を聞いて、中国大陸の人間が、香港からマニラに遊びに行き、事件にあった、そう思った。だが、実際、被害にあったのは、香港人。でも、日本に住んでる人から見れば、香港人も中国人の一部。特に、分けて表現する必要もないだろう。外国から見れば、関西出身も東京出身も、皆同じ日本人。香港人も中国人も、他から見れば、中国人。当たり前の事を、知らされた報道だった。

香港人の中には、中国人と一緒にされる事を嫌う人も多いようだ。だからこそ、こちらでは、香港人という表現、頻繁にされるんだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 比叡山の乞食坊主

    人類の歴史を考えますと、差別の根本は金持ちと貧乏人から来るのですね。かっては香港人と中国人の溝も、この意識から来るものでした。自分や子供のルーツである、祖国を思う気持ちは何より大切な事です。昨今は拝金主義の日本人が蔓延していますが、愛国心がすべての基本なのですね。

  2. CWS社長

    そうですね、確かに、金があるものが、ないものを
    差別する事、よくありますね。
    大陸内の中国人が、香港人以上に、金持ってくると
    香港人、どのような対応するのでしょうね。
    ちょっと、興味あります。

コメントする