2月10日(金)「エリック・ツァン氏」

昨日、コーズウェイベイで行われた白鵬のパーティについて書いたが、そのホスト役は、香港の俳優・映画監督でプロデユーサーでもあるエリック・ツアン氏(會志偉先生)だった、、、。このエリック・ツァン氏、香港人の知人に聞いても、首を傾げたので、そんなに有名じゃないんだろうと思っていた。(香港人の間では、エリック・ツァンという言い方は殆どしないで、漢字名の會志偉で通っているようだ。このツァン氏、知らない人はいないほどの有名人。)ところが、現れたのは、香港映画やテレビの司会役で何度となく見かけた小柄で丸顔の人。懐かしさが、こみ上げてきた。ところで、このエリック・ツァン氏、大スターでありながら、全くおごったところがない。MCやカメラマンの要求にも丁寧に応えるし、ファンから写真を一緒に撮ってとの要求にも、嫌な顔一つせず気楽に応じる。この態度、人目があるところでも、そうでないところでも、一貫していた、、。ああいった謙虚さが、長年の間、エリック・ツァン氏をスターの座に座らせてるのだろう。勉強になった。

以前は、やんちゃなコメディアンと言った感じのツアン氏。今は、穏やかなとてもいい顔をしていた。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする