2月18日(土)「ATC(航空交通管制)」

中国の都市から香港に移動する際に、よく耳にする言葉は「ATC(航空交通管制)」。「ATCの指示で、飛び立てない」、「ATCの飛行許可を待っている」等々。またATCかと、思う事がある、、、。昨日、この中国でよく耳にするATCを、日本で耳にする機会があった。九州から羽田へ移動時に、「羽田空港内が離発着便で混み合ってる。管制塔から、出発時間を遅らすような指示があった」と。関東地方で強風が吹いたためか、離発着に遅れが生じ、空港上空が大混雑。飛行前の相手先空港の出発時間も遅らす必要があったようだ。この管制塔が、中国でよく耳にするATCだ。ところで、羽田空港のように忙しい空港の管制塔、大変だろう。昨日のような強風で一部の離発着が遅れると、それに連れて他の飛行機も後にずれ込む。当然、羽田上空は、降りるのを待つ飛行機で混雑する事になる。その上空の混雑を避けるための、出発先の飛行機の出発時間変更だったのだろう、、。何気に使ってる飛行機だが、その裏側では、たくさんの人のサポートで成り立ってる。いい勉強になった。

しかし、日本の航空会社はサービスがいい。細かい部分まできっちりと説明。ありがたい。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする