3月9日(木)「ネクタイを褒められたら要注意」

ちょっと前に読んだ本に、「銀座の女性は、褒める事のない客には、その(身に付けてる)ネクタイを褒める」と書かれていた、、、。知人と飯を食べた後に、ちょっと飲もうと言う話になった。バーでも行くのかなと思っていたら、連れて行かれたのがクラブ。少ししたら、ホステスが出て来た。「面倒だな」と思いながら当たり障りない話をしていたら、そのホステスから、「そのネクタイいいですね」と言われた。「あれれ」、この光景どこかで読んだ光景。そうだ、褒めることのない客に対して、銀座のホステスは、苦肉の策としてネクタイを褒めるとか。これ、銀座であっても赤坂であっても状況は同じだろう。という事は、このホステスから、褒めるところのない(もてない)人間として認められた訳だ。が、その後は、「褒めるところのない客にはどのような言葉をかけ、どのように対処するか」という話題で、大いに盛り上がった、、。「褒めるところのない(もてない)」との烙印を押された訳だが、非常に楽しいひと時だった。

「ネクタイを褒められたら要注意」、頭に入れておこう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする