3月10日(金)「面倒だが面白い人」

常日頃は、話が大きいし長いし、「会うのが面倒だなー」と思う知人がいる。が、今の時代のような先が見通しにくい時には、参考意見聞いてみたいと思わせるのも、この知人。久々に、彼の事務所を訪ねてみた、、、。彼みたいな人、どう評価すればいいのだろう。平時は、ちょっと面倒な人だ。話が大きいし長い。食事をしてても、途中からきつくなったりする。ところが、そうした時でも、たまに飛び出す発想の斬新さと的確な時代の読み。これらは、大いに勉強になる。勉強になる部分も持ち合わせてるが、面倒な部分も大いにあるという類の人だ。トランプ大統領就任以降、特に読みにくくなった世界。この面倒な知人の話を聞きたくなった。久々に会った知人だが、さすがにその併せ持つ情報、的確な読みは、いい勉強になる。また、こうした時代に、彼が進めようとしてるビジネスも大いに参考になった。聞けば、景気が悪くなると、この知人の元を訪ねる人も増えるようだ、、。有事に必要とされるこの知人。貴重な人材だ。

1時間の訪問予定が、2時間を越えた。それだけ、この知人の話が面白かった(勉強になった)という事だろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする