5月13日(土)「丁寧過ぎる説明」

昨年の事だが、米国国内線を乗り継ぎLAに着いた(と思った)。が、空港に着陸したまま飛行機は一歩も動かない。30分ほど経過してからだろうか、機長から「空港内混雑でパーキングスペースがない」という取ってつけたような説明があった、、、。午前便で九州から羽田に移動した。が、この便、乗り継ぎの関係で5分遅れた。10時50分発が10時55分発に。この件に、航空会社のグランドスタッフや機長から、何度もお詫びがあった。これ、いい面と問題の面があるような気がする。まず、いい面としては、対応がとても誠実。客からすれば悪い気がしない。しかし、ここまで至れりつくせりの説明をすると、客が「お客様意識」を増長させないだろうか、、。「5分の遅れに対しての再三のアナウンス」、考えさせられた。

米国の国内線事情しか知らない人が、日本のこうした説明に遭遇すると、腰を抜かすのだろうな~。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする