6月2日(金)「中国のミニ・バス」

以前、頻繁に香港のミニ・バスを使う時期があった。運転手が猛烈に飛ばすので、早く着くというメリットがあったが、降りる際に、運転手にその旨を伝えなければならない。緊張の一瞬だった、、、。昨日、深セン龍岡の客先を訪ねた。羅湖から龍岡までミニ・バスで移動。この大陸内でのミニ・バス利用、久々だった。この大陸のミニ・バスも、香港それと同じように、降りる際に運転手にその旨伝えなければならない。が、ラッキーな事に、知人の事務所は終点。「香港のミニ・バスみたいに緊張の必要がないな」と楽に構えていた。が、途中、次々に客が降りて、ついに乗ってるのは自分一人に、、。すると、運転手が何やら大きな声で話しかけてくる。香港のミニ・バスみたいな緊張はなかったが、これはこれで面倒だった。

さすがに広東省のミニ・バス。運転手は、北京語、広東語共に対応していた。まあ~それも当然か。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする