6月3日(土)「脳と記憶」

高齢の父親と話をすると気付く事がある。10年以上前や一昔前の事になるとよく覚えていても、直近の事、少し前の事はすぐ忘れる、、、。先日、面白い人と会った。アーチストの知人の息子さん。彼自身もアーチストだ。非常に礼儀正しくて丁寧だが、さすがに芸術家、「普通とは違うな~」という部分が随所に現れる。例えば、4−5年前に死ぬほど面白い話を誰かから聞いたようだ。その話に、自分が面白がったという事実はよく覚えている。が、「その(聞いた)話、どんな話だったの」と聞いても、「それは(全く)覚えてない」と。断っとくが、彼自身はスマートで、特に記憶力が弱いという人ではない、、。事象と記憶の結びつけ方、人によってだいぶ違う。このアーテイストの卵との食事、いい経験だった。

脳と記憶の仕組みについて考えるのも、面白そうだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする