6月5日(月)「パ高セ低」

プロ野球は、セ・パの交流戦真っ最中。日頃見れない新鮮なカードが見れるので、ファンにとっては楽しみな時期だ、、、。ところで、この交流戦、毎度の事ながら、セ・リーグの分が悪い。特に、今年は巨人、ヤクルト、DENAの在京3チーム、土曜現在で1勝14敗。巨人、ヤクルトは、未だに交流戦中の勝利がない。何故、ここまでセ・リーグとパ・リーグの力の差が開いたのだろうか。よく言われるのは、DH制のある無し。確かに、DH制のパ・リーグの投手は、9人のバッター、なかなか気が抜けない。そのためか、セ・リーグの投手に比べて、より厳しい環境で鍛えられてるという事だろうか、、。いずれにしろ、ここまで差が開けば、セ・リーグとして黙ってられない。セも、DH制採用したらどうだろうか。

昔から、「人気のセ、実力のパ」と言われているが、この状況未だに変わらないようだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 山本善光

    パ・リーグの選手は「人気のあるセ・リーグに負けるわけにはいかない」という意地もあるんじゃないかな?
    でも最近の日本シリーズは、セ・リーグが結構勝っているんだよね!

  2. 再登板社長

    そうなのかな~。
    でも、ジャイアンツ、大変だな。

コメントする