6月27日(火)「引っ張りだこ中国人アーティスト」

先日、深センディリーを読んでると、中国人ピアニストのユンディリーとワルシャワナショナル響との共演について書かれていた。この共演、この9月に深センで、ショパンのピアノ協奏曲1番と2番を演奏するようだ。チケット代が280人民元から1680人民元。人気のユンディの演奏会。中国でのそれにしては、価格も破格だ、、、。飜えって香港。2017/18の香港フィルの演奏曲目を見てみると、そのオープニングは、これまた新進気鋭の中国人ピアニストワン・ユゥジャを迎えての演奏会。チャイコフスキーのピアノ協奏曲で新しいシーズンの幕を上げる。こちらも、ユンディほどではないが、通常の香港フィルの演奏会よりも割高だ、、。その集客でも期待される中国人アーティスト。これからも、引っ張りだこなんだろう。

しかし、1晩にショパンのピアノ協奏曲1番と2番を演奏する。結構大変だろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする





  • ようこそ!
    China World 社長の「まだ続いてる?!」ブログへようこそ!
    2009年11月4日開始。基本的に毎日更新。(時々数回分をまとめてUPすることもあり)
    最終目標は10,000回。因みに、3,000回達成は2018年1月19日、5,000回達成は2023年7月13日、10,000回達成は2037年3月21日の予定。

    弊社ウェブサイトも是非ご覧ください。

    http://www.chinaworld.com.hk/

    ※China World 社長は時代にマッチしたサービス(ビジネス)を一速く見つけ出し、提供する事を常に考え、また趣味においては、2030年10月31日迄に世界193カ国(国連加盟国)すべてをまわる事を目指している。


  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • カレンダー

    2022年7月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • お問い合わせ

    お問い合わせ