7月1日(土)「紅く染まる自由都市」

朝、新聞を読んでると、香港を称して「紅く染まる自由都市」と言う見出しが目に付いた、、、。今日7月1日は、香港の中国への返還記念日。返還されたのが1997年だから、今年で20周年という事になる。ところで、昼過ぎ、知人とのアポの尖沙咀東のステーキハウスに向かった。その途中、帝国中心ビルと尖沙咀中心ビルを結ぶところにたくさんの紅色の国旗が掲げられてる。中国の五星紅旗と香港特別行政区の国旗だ。この2種類の国旗が縱橫に掲げられた光景は圧巻。新聞の「紅く染まる自由都市」という見出しも、こうした光景を目の当たりにして出てきたのではないか、、。政治介入を招き、経済力の低下した香港。どのように立ち直るのだろうか。

<たなびく五星紅旗と香港特別行政区国旗>

ところで、圧巻の国旗群をみた知人、「香港特別行政区の国旗が両脇の五星紅旗に挟まれてる」と言った。これ、今の香港の状況を現してる?

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 山本善光

    おっ!写真付きの記事になったね。

  2. CHINA WORLD 社長

    そうそう、
    これから写真付きも出そうと思っている。

コメントする