7月17日(月)「トマトとスイカ」

昼過ぎ、足のマッサージに出かけた。その際、最初に出されたのが冷たいお茶と果物。が、果物と思っていたのが、実はスイカと小さなトマトだった、、、。トマトというと、もぎたてに塩をふりかけて食べる。酸味のあるフレッシュな味というイメージがある。体に良さそうだが、どこからどうみても野菜。母親から勧められない限り、自分から食べようとは思わなかったものだ。ところで、先のマッサージ店、スイカと一緒にトマトも出て来た。という事は、中国では、①トマトを果物の範疇に入れてる、②スイカとトマトの相性がすこぶるいい、このいずれかだと思うが、実際はどうなんだろう、、。この小さなトマト、予想に反して、酸味の強いすっぱい味。決して、果物という感じではなかった、、。

<マッサージ屋で出されたトマトとスイカ>

日本では、甘いトマトが人気というが、中国ではどうなんだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする