11月16日(木)「昭和の喫茶店」

大阪の通天閣、新世界のあたりは、昔ながらのお店が多い。駄菓子を売る店や、うどん1杯160円というお店もある。その中に、昔ながらの喫茶店、昭和20年台オープンの店があったので、入ってみた、、、。この店、ホント昭和の喫茶店だ。店の作りもそうだが、年配のマスターが「いかにも喫茶店のマスター」と言った感じで、味がある。渋いジャズが流れる店内は、外とは別世界だ。トースト、卵の付くモーニングセットが380円。リーズナブルだな料金だ。聞けば、地元の人達とともに、中国を始めとする観光客もよく訪れるとか、、。かれこれ70年の歴史の喫茶店、上手にプロデュースすればかなりの有名店になると思うのだが、、。

しかし、こうしたお店は、人知れずひっそりと存在するのがいいのかもしれない。また、立ち寄ってみよう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする