11月23日(木)「自分で物言い」

昨日の大相撲九州場所。結びの一番で嘉風と対戦した横綱白鵬。左の張り手で突っかけたが、一気に寄り倒された。行事は、嘉風に勝ち名乗りをあげたが、納得できない白鵬。1分強、土俵に上がらず抗議の意思表示をした、、、。前代未聞の光景。勝った嘉風が勝ち名乗りを受けようとするが、敗れた白鵬が、土俵下で両手を広げ抗議。見慣れぬ光景に、観客もどよめいた。立ち会いの呼吸が合わなかったのだろうが、先に突っかけたのは白鵬。審判団からの物言を期待したのだろうが、結局物言いはつかず。最後は、白鵬一人が土俵に取り残される形になった、、。勝負に対する執念はわかるが、横綱らしからぬ軽率な行動。一体何だったのだろうか。

暴力行為の日馬富士に、鶴竜、稀勢の里は4場所連続休場。頼みの白鵬が不可解な行動。4横綱とも、問題だらけだ。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする