4月26日(木)「印紙税」

「印紙税」という言葉を辞書で引くと、<経済取引などに関連して作成する文書にかかる流通税。不動産売買や賃貸契約書、手形、領収書、株券などに所定の印税を貼り付けて消印することで税金を収める>とある、、、。先日からスタートしたシェアオフイス業務。契約後に香港政府に印紙税(スタンプデューティ)を収める必要がある。収める額は、「1ヶ月の家賃X月数X0.25%」。例えば、6000香港ドルを3ヶ月契約した場合は、18000X0.25%で45香港ドルの印紙税になる。が、これが時間貸しの場合、例えば2時間で300香港ドルの場合だと、何と印紙税の払いは0.75香港ドル(10円)だ、、。75セントの支払い、政府はどう対応するのだろう。

窓口に確認すると、契約額の大小にかかわらず一律の印紙税の払いが必要と言うことのようだが、、。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする





  • ようこそ!
    China World 社長の「まだ続いてる?!」ブログへようこそ!
    2009年11月4日開始。基本的に毎日更新。(時々数回分をまとめてUPすることもあり)
    最終目標は10,000回。因みに、3,000回達成は2018年1月19日、5,000回達成は2023年7月13日、10,000回達成は2037年3月21日の予定。

    弊社ウェブサイトも是非ご覧ください。

    http://www.chinaworld.com.hk/

    ※China World 社長は時代にマッチしたサービス(ビジネス)を一速く見つけ出し、提供する事を常に考え、また趣味においては、2030年10月31日迄に世界193カ国(国連加盟国)すべてをまわる事を目指している。


  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • カレンダー

    2022年7月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • お問い合わせ

    お問い合わせ